ファミリーレター

ウェレンドルフ ワールドの最新情報:ファミリーレターに登録

このウィンドウを表示させない
メニュー
ジュエリーミュージアムにある唯一無二の作品

一目惚れの出会い

彼は分析的かつ戦略的に考える人です。仕事が彼をそうさせたのです。彼が設立した電子通信会社向けのコンサルティング会社は、たった10年で成功を収めました。ハンス・ペーター・Hが衝動的に行動することはそれまで滅多にありませんでしたし、彼の行動原理に合っていませんでした。それでも2021年の5月、彼は周りの人を驚かせる行動を取りました。彼自身もその突発的な行動に驚いたといいます。自分が感情に動かされてある決断を下したのですから。彼は一目惚れの出会いを経験したのです。そして、その愛を信じることにしました…

Credit: Julian Rentzsch

Credit: Julian Rentzsch

Credit: Julian Rentzsch

一風変わったアイデア

きっかけは、「フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング(ドイツの日刊紙)」で彼がウェレンドルフのブレスレット「EMBRACE ME」シリーズを見つけたことでした。141個のダイヤモンドをセットし、非の打ち所のない8カラットのドロップカットダイヤモンドをあしらった唯一無二の作品です。「それはただの新聞の写真でしたが、私はすぐにこのジュエリーに魅了されてしまいました。ただの芸術作品にとどまらない逸品でした」と彼は言います。

ハンス・ペーター・Hは、その唯一無二のジュエリーを実際に買うことができるとは思っていませんでした。「フェラーリの限定車のように、すでに予約販売されているものと思っていました。」 しかしウェレンドルフの店員に問い合わせた後、ウェレンドルフのマニュファクトリーに招待されたとき、彼はさらに驚きました。

「そこでのクリストフ・ウェレンドルフとの会話は、まるで面接のようでした」と彼は続けます。「それもそうでしょう。会社のノウハウがすべて凝縮された傑作は、簡単に譲れるものではないと思います。」 また、それは大変貴重なジュエリーだったのです。ハンス・ペーター・Hが最終的に契約を獲得した理由は、彼がクリストフ・ウェレンドルフを驚かせたからでした。それもとびきりのアイデアによって。妻のためではなく、彼自身のためにこのブレスレットを購入したいと言ったのです。しかも間接的に。というのも、そのジュエリーを一般に公開展示するつもりだったのです。「私の願いは、希望するすべての人に、この類稀なジュエリーの美しさを体験してもらうことです。」

ジュエリーを体感する

プフォルツハイムのロイヒリンハウスにあるジュエリーミュージアムの正面には、このブレスレットと伸縮性のあるゴールドを紹介する専用展示ケースが設けられています。オープニングセレモニーにはクリストフ・ウェレンドルフも参加し、美術館館長のコルネリー・ホルツァッハはこの新しい試みに大変喜びを感じています。「この新しい作品をこの場で展示できるというのは、非常に特別なことです。ゴールドスミスとしてだけではなく、私はその素材から引き出されるしなやかさに魅了されるのです。」また、クリストフ・ウェレンドルフはこの唯一無二の作品を公開展示するという顧客の決断に感銘を受けたと話します。「通常、お客様は私たちのジュエリーを購入することで、プライベートな瞬間、つまり愛や成功、子供の誕生などをお祝いします。しかしこのお客様は、私たちの完璧さを追求する姿勢と、このブレスレットに込められたジュエリー技術の革新に敬意を表し、ウェレンドルフの功績を称えてくれているのです。」

ジュエリーミュージアムの開館時間やチケット販売については、こちらをご覧ください。

愛を込めて。最高のジュエリーを。

個別のご相談をご希望でしょうか?ウェレンドルフ エキスパートにお問い合わせいただけますようお願いいたします。

Fotos: Elias Hassos, TVNOW/Bernd-Michael Maurer

ウェレンドルフ Wの真価