メニュー
倫理的な規則の遵守
  1. スタート
  2. マニュファクトリー
  3. ダイヤモンドとゴールドの原産地

ダイヤモンドの原産地

ウェレンドルフは、各ダイヤモンドのカラット(carat)、カット(cut)、クラリティ(clarity)、カラー(colour)だけでなく、「紛争地産ダイヤモンド」でないこともチェックしています。

ウェレンドルフのダイヤモンド

ウェレンドルフは、ジュエリーマニュファクトリーで数世代に渡って選り抜きの宝石専門家と連携し、紛争地産ダイヤモンドではないダイヤモンドを選別してきました。これは、個々のダイヤモンドが、各原産国の正式な原産地証明書を取得していること、そしてウェレンドルフで使用されているダイヤモンドがキンバリープロセス認証制度に準拠していることを意味します。このプロセスに準拠するため、原産地、鉱山の採掘から研削、研磨の各段階にて、倫理的な規則の遵守、実践、そしてチェックが行われています。

ウェレンドルフのゴールド

ウェレンドルフは、鉱山の採掘からジュエリー創りに至るまで、サステナビリティに重点を置いています。ウェレンドルフは、プフォルツハイムの金銀精錬所と協力し、上質な金属類のみを使用しています。この認証課程により、非倫理的なサプライヤーから提供される紛争地産ダイヤモンドの買い付け、加工および販売をしないという責任を担っています。

ウェレンドルフ Wの真価